「イベント告知」カテゴリーアーカイブ

5/18 『パチンコナイト』の開始時間について。

この度は5/18(土)に行われる『『八画文化会館vol.7 特集:I Love Pachinko Hall パチンコホールが大好き!!』刊行記念トークイベント 』につきまして、
こちらのイベントで告知の一部において開場時間、開演時間の時間が間違って表記されたものが見受けられました。

改めまして修正したお時間をお知らせいたします。

誤)開場時間18:30 開演時間19:00
正)開演時間18:00 開演時間18:30

上記に修正させていただきますので、お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解お願いいたします。

【5/11(土)】タイ&中国地獄寺ナイト

地獄寺とは、仏教で語られる地獄を寺の境内などで再現し、見るものに地獄を植え付け悪行に手を染めず善行に励むように見せる、道徳的な寺である。

コンクリや手作りで作られた罪人や獄卒は少し間抜けで愛らしい。

時刻でらの総本山タイと中国、地獄寺に魅せられた二人が語る夜。

ゲスト
関上武司
中国珍スポットに目覚め中国遊園地を専門に巡る。
著書に「中国遊園地大図鑑」シリーズ3巻。

椋橋 彩香
タイ仏教美術の地獄表現を研究テーマとする。
タイの時刻寺を珍スポットという観点からだけでなく、社会的な「現象」として捉え研究している。
著書に「タイの地獄寺」

ゲスト
関上武司
中国珍スポットに目覚め中国遊園地を専門に巡る。
著書に「中国遊園地大図鑑」シリーズ3巻。

椋橋 彩香
タイ仏教美術の地獄表現を研究テーマとする。
タイの時刻寺を珍スポットという観点からだけでなく、社会的な「現象」として捉え研究している。
著書に「タイの地獄寺」

日時:5/11(土)
参加費:一般2000円 学生:1500円(学生証の提示をお願いします。)
OPEN:18:30
START:19:00

場所BiblioMania

予約フォーム→イベントンページ

【5/18(土)】 『八画文化会館vol.7 特集:I Love Pachinko Hall パチンコホールが大好き!!』刊行記念トークイベント

『八画文化会館vol.7 特集:I Love Pachinko Hall パチンコホールが大好き!!』刊行記念トークイベント

八画文化会館の7号目となる丸ごと1冊パチンコ特集号が刊行されたことを記念し、今号の監修を務めたパチンコライター・栄華氏と八画文化会館編集長が来名。本誌では語り切れなかった未公開カットや、パチンコ店のトイレの迷惑行為、「マリンちゃんらしきもの」のキャラ分析、パチンコホールの転用物件などのディープなパチンコホールネタを大放出!!

出 演:栄華(パチンコライター)

司 会:石川春菜(八画文化会館)

◆日時:5 月18 日(土) 18:00 開場 18:30 開演

◆場所:特殊書店BiblioMania(https://bibliomania-books.com/

※アクセス:栄駅13 番出口から徒歩5 分。信号「中区役所」より武平通直進。

◆入場料:2000 円(学生1500 円)

※トーク終了後にサイン会を開催します。

※学割適用の場合は学生証の提示をおねがいします。

◆栄華:パチンコの周辺文化を探求するライター。パチンコ専門誌・パチンコ関連ウェブサイトへの執筆に加え、パチンコ玩具やパチンコ書籍の蒐集、パチンコ店のトイレ研究、パチンコバンドのボーカルなど多彩な表現活動を行う。Twitter @henaieika

予約

予約→イベントンページ

外山恒一トークイベント アンティファはなぜダメなのか? ―『全共闘以後』改訂版出版記念―

外山恒一トークイベント
アンティファはなぜダメなのか?
―『全共闘以後』改訂版出版記念―

改訂版が刊行されたことを記念し、外山恒一が再び来名。ポリティカル・コレクトネス、ヘイトスピーチなどの差別問題から、天皇をめぐる議論まで、昨今の社会問題についてラジカルに斬り込む!

◆日時:2 月2 日(土) 18:30 開場 19:00 開演

◆場所:特殊書店BiblioMania(https://bibliomania-books.com/)
※アクセス:栄駅13 番出口から徒歩5 分。信号「中区役所」より武平通直進。

◆入場料:2000 円(学生1500 円)
※質疑応答形式のトークライブです。
※終了後に居酒屋で交流会をやります。
※学割適用の場合は学生証の提示をおねがいします。

◆『全共闘以後』目次
序 章 ”68年”という前史
第1章 ”80年安保”とその裏面
第2章 85 年の断絶
第3章 ドブネズミたちの反乱
第4章 まったく新しい戦争
第5章 熱く交流レボリューション
第6章 ロスジェネ論壇とその周辺
終 章 3・11 後のドブネズミたち

イースト・プレス/2018 年12 月16 日刊行(改訂版)/2808 円(税込)

◆外山恒一:1970年生まれ。革命家。「九州ファシスト党・我々団」総統。80 年代後半、福岡・鹿児島の高校で学校当局との衝突を繰り返し、各地の“戦う中高生”を組織した「全国高校生会議」の主要活動家の1人となる。89年、『ぼくの高校退学宣言』で単行本デビュー。文筆活動と、“異端的極左活動家”として90年代を過ごした末、02年に逮捕され、獄中でファシズム転向。07 年に都知事選に出馬、「政府転覆」を呼びかける過激な政見放送がネット上で大ブームを巻き起こした。著書に『青いムーブメント』、『良いテロリストのための教科書』など。

◆主催:名古屋アナキズム研究会
https://www.facebook.com/anarchism.nagoya/
https://twitter.com/anarchy_nagoya

チケット予約→(別途会員登録が必要です)https://eventon.jp/15826/

2018年年末年始の営業予定

年末年始の営業

12/29(土) 読んでない本読書会&映画会

30(日) 年内最終営業日 20時閉店

31(月) 大晦日だよ華金会

1/1(火) あけましておめでとうございます元日 休業

 2(水) 休業

3(木) 休業

4(金) 初売りセール 13時より

5(土) 13時より営業 以降通常営業

都市伝説展【12/8~16】 

都市伝説

12月8~16日 現代社会の隙間に巣食い 人の目盗み蠢く有象無象の魑魅魍魎 人々の噂やネットミームから生じる異形の怪異たち。 現代のkwaidan 百物語物怪録

 

会期:12/6~16 休業・時間は店舗定休日に準ずる。

最終日16日は18時終了

参加作家:

看守 (Twi:HP)

高川ヨ志ノリ (Twi:HP)

暗黒電波美術家ボブ山 (Twi:HP)

NONNKI (Twi:HP)

甚だ夜に (Twi:HP)

紫楽 (Twi:pix)

みちる (Twi:HP)

百守+一芒+夕闇

它苞 白鬽 (Twi)

昏淵キサメ (Twi:HP)

内田欣二

 

【11/17(土)】千坂恭二『歴史からの黙示』復刊記念トークイベント@名古屋

革命は電撃的に到来する。来るべき秋に備え昼寝をしている名古屋近辺の同志諸君、此度の伝説のアナキスト、千坂恭二の来名に際してどう動くか試されていることでしょう。そんなつもりは全くないにも拘らずたまたま革命に巻込まれてしまう可能性がある方々、この機会に革命とはなんたるかについて接続を試みることは後々の役に立つかもしれません。

※質疑応答形式のトークイベントです。
※開場は開演の30分前です。
※参加者は本イベントページから参加申し込みをお願いいたします。

◆『歴史からの黙示』増補改訂新版 内容紹介
資本制国家を撃て!――ロシア革命の変節、スペイン革命の敗北、そして1968年の持続と転形――革命の歴史をふまえて展開される、生き方としての「アナーキー」ではなく、国家廃絶をめぎす革命思想としての「アナキズム」。
「戦後最年少イデオローグ」として名を馳せた旧版に、1968年闘争期におけるアナキズム運動の総括文書「無政府主義」などを増補した戦後日本アナキズム思想の極北。

◆千坂恭ニ(ちさかきょうじ):1950年生まれ。高校在学中からアナキズム運動に参加し、「アナキスト革命連合」(ARF)や「アナ高連」「大阪浪共闘」で活動。70年代初頭、新左翼論壇において「戦後最年少ィデオローグ」として注目され、73年に本書旧版『歴史からの黙示』(田畑書店)を上梓。その後、バクーニンやドイツ思想、エルンスト・ユンガーに取り組み、1980年代以降の思想状況全般に批判的となり隠遁生活に入る。約20年の沈黙を経て2008年ごろから再始動。他の著書に『思想としてのフアシズム――「大東亜戦争」と1968J (彩流社、2015年)。

●当日店舗は17:30閉店となりますのでご了承ください。

 

予約ページ

【9/22(土)】サレンダー橋本出版記念サイン会

オモコロとかで人気のサラリーマン意識低い系漫画家サレンダー橋本(敬称略)がやってくるッ!

新刊「明日クビになりそう」「働かざる者たち」2冊同時刊行記念。 ド底辺サラリーマンの働かない処世術ギャグと、働かない人々に翻弄される漫画。 嗤え万国の労働者よッ!

 

日時2018/09/22 17時~