10.28 名古屋モダニズムナイト

 

名古屋はデザイン都市だッ! バブルと始まる平成、未だ残るバブル建築と遺構、そしてインフラ。 あの時代の名古屋を建築などから振り返ってみよう。

名古屋には亡霊がいる、デザイン都市という亡霊が。

バブル期、平成期にかけて名古屋には不思議な未来的な建築物が現れ始めた。 曲線と直線を交え金属部を露出したモダンなデザイン、整備された植物が生い茂る公園、合理化を目指し造られていくインフラ。
華やかかりし近時代の名古屋に魅せられた空想地図作家りーべと名古屋大好き東野メイの若き二人が、あの時代の名古屋を暴く。

そして明かされる名古屋の秘された計画、誰も知らない『デザイン都市宣言』の墓碑に眠るあの豪奢な祭典と禁忌とされた祭り。
名古屋の近代都市化……全ては計画通りだった。

【開催】:10/28(土)
開場:18:30
開演: 19:00
会場観覧:1,500円
配信:1,000円

出演
りーべ Tw@Ribe_19 HP:​六州帝国情報局
若き空想地図作家
空想都市「御國橋」を創り上げる。空想地図界の期待の新星。

東野メイ(名東区非公式萌えキャラ) Twi:@meito_Mei
名東区に関する情報をツイートしていく萌えキャラなのですっ(半自動)
ソーシャルメディアインフルエンサー。

セトリ

第一部:りーべ
バブルシティ・ナゴヤ
~名古屋発展の秘密はバブルにあり?~
(80年代末から現れ始めた名古屋のモダニズム建築様式などについて。)
建築・インフラ・都市 ~バブルが奏でたシンフォニー~

第二部:東野メイ
技術​・産業・未来 ~デザイン博が奏でたシンフォニー~

第三部:

市民パネラー:
・夏水 蒼
ジャズ・ディスコ・デザイン博 ~フェスが奏でたシンフォニー~
デザイン博で行われた本格的ジャズフェスティバル「ジャズ・イン・名城」を中心に

 

第三部では参加者の方が持ち寄った名古屋のバブル建築や80~90年代の名古屋を知るの資料などを見せあって登壇することができます、登壇がなかったらゆるくおしゃべり会を行います。
デザイン博や名古屋オリンピック、都市計画や貴重な証言など是非お寄せください。
ご登壇されたい方はお気軽に事前にご連絡ください。

●ツイキャス配信:1000円(ツイキャス手数料として+100円かかります。)

※アーカイブ2022/10/29まで
※配信中、投げ銭(お茶爆50/100/500)も可能です!、登壇者にも還元させていただきます。
※配信観覧者の方でご希望の方にはサイン本付きチケットもございます。

【10/8】激戦!韓国アニメVs北朝鮮アニメ アニメ朝鮮戦争 

韓国と北朝鮮、この2つの国ではそれぞれに独自のアニメの進化があった。
韓国アニメのけんゆう氏と北朝鮮アニメの大江氏が自慢のアニメを持ち寄って大激突ッ!
果たして軍配はどちらに上がるかッ!?

【開催】:10/8(日)
開場:18:30
開演: 19:00
会場観覧:2,000円
配信:1,000円
※配信アーカイブは10/22までご覧になれます。

 

●先攻(仁川上陸作戦)
けんゆう:韓国アニメ
韓国アニメの誕生、軍事政権広報アニメ、商業的反共アニメ、南北統一教育アニメ

●後攻(抗美援朝戦略)
大江:北朝鮮アニメ
北朝鮮アニソン、北朝鮮ロボットアニメ、嫌韓アニメ、抗日アニメ、反米アニメ、糞鬱共アニメ

【出演】
大江・留・丈二 Twi:@0E3
珍スポ・奇祭ウォッチャー、パチモンハンター『韓国いんちき漫画読本』(パブリブ刊)著者。
「と学会」「日本マンガ学会」「ダリオ・アルジェント研究会」「ハマー・フィルム研究会」「スターフリート東京」などに所属。

けんゆう2G Twi:@kane2g765 Blog:娘と観たい韓国アニメ!
娘と一緒に女児向け韓国アニメをよく観てる옆집 아저씨입니다. 右や左の日本人も、大韓人も共和国人民も、みんなシャイニングスター見て仲良くしようぜ。 社会問題にさほどの関心はないのですが、公立学校の道徳教育拡大や保育の規制緩和には反対しています。 宗旨は日蓮正宗。信徒の大先輩である布施辰治弁護士を尊敬しています。

 

【9/9】「昭和ラブホとエロ本を愛でる会」出演 那部亜弓& tee

昭和エロ本と昭和ラブホの広がる夢の共演ッ!
昭和アダルトカルチャーの力強さと愛おしさがぶつかり合う。
果たしてキミはこの威力に耐えることができるかッ!?

昭和のエロパゥワァを感じましょうッ!

開催:9/9(土)
開場:18:30
開演: 19:00
入場料2,000円
※配信なし

第一部:昭和エロ本の世界
(MC:tee氏)
第二部:昭和ラブホの世界
(MC:那部亜弓)
・回転ベッドの持ち帰り秘話
・廃墟ラブホテル

 

出演

tee
Twi:@hs_wonder
昭和世俗愛好家として、昭和のカストリ誌、自販機本、珍奇本などを蒐集。
その傍ら自身のコレクションを展示した世俗本展覧会を各地で開催。

 

那部亜弓
Twi:@aisiyon 
ins:@ayuminabe
ひたすら個性的ラブホに行く人。回転ベッド家に持ち帰る。廃墟ラブホ本『モーテル☆エロチカ 』著。湿ったラブホブログ #愛欲空間 の人。ラブホを目で楽しみ、身体で感じ、同化したいです。インスタで毎日ラブホ写真更新。
メディア出演多数。

開場予約は終了いたしました。

当日に若干数当日券をお出しいたしますので、そちらをご利用ください。
また当日の次第では立ち見になる可能性がございますので予めご了承ください。

キャンセル分が出ましたので改めて若干数予約席がご用意できます。

●会場予約方法

こちらのリンク先のお問い合わせベージよりご予約ください。
予約のためお名前メールアドレスをご記入し、『お問い合わせ内容』項目で「イベント予約」を選択後、件名に必ず『【9/9】昭和ラブホとエロ本を愛でる会』とご記入、画面最下部の『記載内容に誤りはありませんか?』のチェック後ご送信ください。
記入漏れがある場合受付できかねる場合がありますのでご了承ください。
また仕様上画面の切り替わりは行われませんのでご了承下さい。
メール受領次第、予約完了のご連絡をお送りしますのでご確認ください。

※予約数が上限に達し次第予約受付を終了いたします。
※予約されなくても会場参加は可能ですが、予約者優先となるためお席の確保やご観覧ができかねる場合がございますので、なるべくご予約をお願い致します。

 

【9/1】 「道標の裏側で」 川田雅輝「希望への道標」出版記念トークイベント

川田雅輝 1st作品集「希望への道標」出版記念トークイベント

■日時 2023/9/1(fri) 19:00〜21:00
開場:18:30
開演:19:00

■参加費
会場:2000円
配信:1000円 [9/15までアーカイブ視聴可能]

■概要
今や廃墟表現の定番となっている退廃美や無常観。
これを180度覆し、希望と生命力がみなぎる廃墟表現を目指したのが今回発売となった「希望への道標」である。
この作風がどのように生まれ、どのように作られているのか、「道標の裏側」を語るトークイベント。

■タイムテーブル
・自己紹介
・写真撮影を始めたきっかけから現在のような廃墟表現に至った経緯。
・写真集を出版するに至った経緯
・作品の解説と、作品製作工程の裏側
・画像編集の実演(Live Photo Edit)
・質問の受け答え 等

■登壇者プロフィール
川田雅輝(HN: 廃墟のマサさん) Twi:@RuinsMasa
instagram:@ruinsmasa
秋田県生まれ、宮城県育ち。福島県在住中に東日本大震災を経験する。災害記録として写真撮影を始める中、瓦礫に芽生える草花の生命力の虜となる。以後これが、かねてからネットで流行し ていた廃墟写真への興味と繫がり、「滅びの先に芽生える命」を追い求めるスタイルとなる。

ー写真家経歴ー
2020年3月、EPSON meet up! Selection 2019 データ部門 審査員賞を受賞。2022年11月、旧 摩耶観光ホテル文化財登録記念 廃墟景観シンポジウムに出展。2022年12月 写真集「シンスポ 心霊スポット写真集 廃墟編」(東京キララ社)に参加。2023年7月 写真集「希望への道標〜滅びの先に芽生える命〜」(KADOKAWA)を発表。
https://twitter.com/RuinsMasa/
+++++

希望への道標 滅びの先に芽生える命
著 :川田 雅輝
定価: 2,420円 (本体2,200円+税)
発売日:2023年07月05日 判型:A5変形判 商品形態:単行本 ページ数:96 ISBN:9784047375475

Twitterハンドルネーム”廃墟のマサさん” 初の写真集。
東日本大震災を福島県にて被災後、瓦礫に蘇る緑の美しさの虜となり、「滅びの先に芽生える命」にスポットを当てることで、見る人が”強い希望”を感じる写真がこれまでの廃墟写真家とは一線を画す作品群を生み出している注目の写真家。日本という国土の再生を希求するひとたちへ向けての道標(みちしるべ) となる写真集。

書籍販売ページはこちら

 

 

【6/17】中華地獄ナイト 出演:関上武司 無常くん

 

●当日会場が混み合うことが予想されますので、配信の方と合わせてご検討ください。

地獄寺といえばタイが有名だが実は中国も地獄寺大国だった!
中国の地獄寺に魅せられたふたり(関上&無常くん)がその最新の研究成果を本邦初公開!
淫祠邪教が跳梁跋扈する社会主義国家・中国の知られざる一面に刮目せよ!!

・中国・台湾・シンガポールの地獄寺
・遊園地のヘンなお化け屋敷
・中華の地獄観光の特色
・無常くん『中国の死神』祝出版ッ!
・地獄廟とそこに祀られている死神無常とは?
・地獄廟の探し方、死神の捕まえ方をレクチャー

出演

関上武司
Twi:@SoftlyX HP:軟体レポート http://blog.livedoor.jp/nantaireport/
元軟体大道芸人。 『中国遊園地大図鑑』シリーズ「中国抗日博物館大図鑑」の著者。
中国や愛知のスポットを主に紹介するブログ・軟体レポート運営。
取材は全てサラリーマンの本業の休みだけを使って強行スケジュールで行っている。生まれつき非常に柔らかい身体の持ち主で、初対面の人物に軟体芸を披露して驚愕させる事を至上の喜びとしている。オーストラリアにて軟体大道芸で生活費を稼いでいた経歴があり、軟体大道芸と本書は笑いと驚きをモットーに構成している。

無常くん Twi:@mujo_kun 
1989年、札幌生まれ。2020年2月、コロナのせいで中国留学が中断しニートに転落。暇なので実家の子供部屋で無常党を設立、副書記に就任。趣味は中国民俗の研究で、「大谷亨」というペンネームのもと論文やエッセイを執筆。
また現代中国の考現学として、中国のSNS等から採集した一般人の動画などを日本に紹介している>
この夏から中国転勤と著書『中国の死神』(青弓社)の出版を控えている。

 

●会場2000円

開場:18:30
開演:19:00

ツイキャス配信:1000円(ツイキャス手数料として+100円かかります。)

 

【6/25】「香港 漫画と御宅族の20年、そして今」大香港研究会トークイベント

香港産コミックだけを商うニッチなネットショップ

「香港漫画店」は本年 、まさかの 20 周年を迎えます 。
感謝の意を込め、てんしゅ松田がワンマントークライプを開催 !
激動の香港 20 年史を 「 漫画 」 「 オタク 」 の視点だけで語ります 。

香港独特の漫画発行形態「薄装本」がまだ隆盛を誇っていた2003年。
「漫画を輸入して売ろう!」と思い立った店主・松田の、涙と笑いのショップ経営への道のり。
現地仕入のあいだに目撃した、現地のコミック・アニメ・ゲーム好き少年少女「御宅族」の姿。
彼らを集める大規模見本市「動漫電玩節」「香港書展」、そして同人イベントの、トレンドを反映した移り変わり。
やがて2010年代に入り、香港は「雨傘革命」、「反送中」デモ、その後のコロナ禍と国家安全法導入という大波にさらされます。
漫画と御宅族は激動の時代をどう生き抜いてきたか。そして2023年の今、未来展望まで語るトークショーです。

スピーカー:てんしゅ松田 ( 香港漫画店 )

ex – 「 深く美しき香港漫画の世界 」
「 香港 2023 御宅族の現場はこうなった 」

 

第1部 お店のはじまり、そして2003-13年
・見本市『香港書展』『動漫電玩節』
・2003-13 香港と日本のヒット漫画回

第2部 2014-23年、そしてこれから
・漫画業界の大変革、
・香港にまきおこる嵐

てんしゅ松田
インターネットショップ「香港漫画店」経営。現地産コミックの輸入販売を手がけるほか、自主制作本・各媒体への寄稿・トークイベント出演などを通じて、香港コミックの魅力を日本に伝え続けている。

[イベント出演実績] ・「韓国まんがまつり」2023.4.8 阿佐ヶ谷ロフトA
・「東アジア抗日フェスティバル」2022.2.20 阿佐ヶ谷ロフトA
・単独イベント「きょうは中野が香港漫画天国!」2020.1.9
中野オルタネイティブカフェ
(大阪crossover/名古屋・金色鮫でも2019年開催)
・「探検!亜細亜動漫倶楽部」2015.7.20 新宿ネイキッドロフト  他
[寄稿] ・リトルサンダー「わかめとなみとむげんのものがたり」特典ブックレット
・ミニコミ誌「マンガ論争」2014年~22年 12月発売号に毎年寄稿
・ポータルサイト「COMIC STREET外漫街」comicstreet.net/ 「香港漫画入門」
[自主制作本] ・「深く美しき香港漫画の世界」(KRONOS氏と共著)2014年
・「それでも描くんだ。香港の自主性あふれる漫画家たち」2022年
・「香港漫画⇔香港映画」2022年
・「香港2023 御宅族の現場はこうなった。」2023年 他多数

 

【2/25】樹海とシンスポ 登壇:村田らむ・コヘイ ※配信なし

東京キララ社より刊行された、「Shin-Spo心霊スポット写真集」
日本全国の廃墟の中から心霊スポットとして認知されるスポットを、「美」とはまた違うもう一つ廃墟の姿、不気味で恐怖を感じる切り口から廃墟を捉える「心霊スポット」写真集ッ!

この写真集の監修者コヘイ氏と写真を提供した村田らむ氏が知られざる樹海について語るッ!
樹海の探索を趣味とする二人が樹海探索で見たものや樹海のエピソードなど
配信では見せられない過激な画像とともに語り明かすッ!
刺激が強すぎて未収録となってしまった写真などを大公開。

 

・村田らむ
Twi:@rumrumrumrum Youtube::村田らむがいろいろな場所を歩いてみた
ライター、イラストレーター、漫画家。
最新の著作は 『人怖 2 人間の深淵なる闇に触れた瞬間』『人怖』(竹書房) 『非会社員の知られざる稼ぎ方』(光文社) 『禁断の現場に行ってきた』『こじき大百科』『ホームレス消滅』『ゴミ屋敷奮闘記』『樹海考』丸山ゴンザレスさんとの共著『危険地帯潜入調査報告書』など。

・コヘイ   Twi:@nakamura47331
樹海散策する樹海愛好家。
シンスポ[心霊スポット編]監修者

 

開場:18:30
開演:19:00

料金:2500円

 

●会場予約方法

こちらのリンク先のお問い合わせベージよりご予約ください。
予約のためお名前メールアドレスをご記入し、『お問い合わせ内容』項目で「イベント予約」を選択後、件名に必ず『【2/25】樹海とシンスポ 登壇:村田らむ・コヘイ』とご記入、画面最下部の『記載内容に誤りはありませんか?』のチェック後ご送信ください。
記入漏れがある場合受付できかねる場合がありますのでご了承ください。
また仕様上画面の切り替わりは行われませんのでご了承下さい。
メール受領次第、予約完了のご連絡をお送りしますのでご確認ください。

※予約数が上限に達し次第予約受付を終了いたします。
※予約されなくても会場参加は可能ですが、予約者優先となるためお席の確保やご観覧ができかねる場合がございますので、なるべくご予約をお願い致します。

 

※配信はありません。

【1/21】Shin-Spo心霊スポット写真集刊行記念イベント 出演:栗原亨,コヘイ,ヌガザカ

東京キララ社より刊行された、「Shin-Spo[廃墟編]」「Shin-Spo心霊スポット写真集」
日本全国の廃墟の中から心霊スポットとして認知されるスポットを、「美」とはまた違うもう一つ廃墟の姿、不気味で恐怖を感じる切り口から廃墟を捉える「心霊スポット」写真集ッ!

この2冊の刊行を記念して、監修者の栗原亨氏とコヘイ氏、撮影者のヌガザカ氏が刊行までの知られざる経緯、刺激が強すぎて未収録となってしまった写真などを大公開。

※配信はありません。

【セトリ】
・心霊スポットとは
・00年代から廃墟、樹海を旅してきた栗原亨氏が名古屋で初イベント
・『Shin-Spo』刊行までの足跡を監修者2人がネットで配信できない内容を写真と共に語る!

【出演】
・栗原亨 廃墟&樹海探検家
Twi:@GSX1100SSSL   Youtube:廃墟Explorerチャンネル
30年以上にわたり約1500ヶ所の廃墟を巡り、青木ヶ原樹海では70体以上の自殺遺体を発見したと自称する
著作:「廃墟の歩き方、廃墟の歩き方2」「初めての廃墟の歩き方」「新廃墟の歩き方」「廃墟紀行」「樹海の歩き方」「ウソかマコトか!?恐怖の樹海都市伝説」「実話怪談樹海村」著者

・コヘイ   Twi:@nakamura47331
樹海散策する樹海愛好家。

・ヌガザカ  Twi:@NUGAZAKA
拷問器具を集めながらサバゲーを嗜みミリタリーアドバイザーをやっている怪談屋。
猫と武器とビキニアーマーとアクション映画愛好家。AK使い。地元の郷土戦史、民俗文化の保存活動中に集まった民話や実話怪談を、主に名古屋のイベントで披露しております。

開場:18:30
開演:19:00

料金:2500円

●会場予約方法
こちらのリンク先のお問い合わせベージよりご予約ください。
予約のためお名前メールアドレスをご記入し、『お問い合わせ内容』項目で「イベント予約」を選択後、件名に必ず『【1/21】Shin-Spo心霊スポット写真集刊行記念イベント 』とご記入、画面最下部の『記載内容に誤りはありませんか?』のチェック後ご送信ください。
記入漏れがある場合受付できかねる場合がありますのでご了承ください。
また仕様上画面の切り替わりは行われませんのでご了承下さい。